1. 塾選び富山トップ
  2. コラム
  3. 教育法
  4. 新学期!成績アップする「5分でできる行動」とは?
教育法
2016.03.31投稿者:早水 由樹

新学期!成績アップする「5分でできる行動」とは?

 

うちの子、質問するのが苦手みたいです

授業中に手を上げるのはもちろん、授業後や放課後に質問するのも恥ずかしいみたいです


日ごろ、塾選びの相談を受けているとき
多くの保護者が口にされることです。

塾選び富山をオープンした始めの頃は、
お子さんの性格の1つとして捉えていたのですが、
同じお話を伺っているうちに、

「分からないところを質問する」ことが

学力をつける1つの能力なのではと
感じるようになりました。

 

 

少子化と言われる昨今でも、富山県では学習塾の数が増えています。
そのほとんどが個別指導塾です。

質問が気軽にできる環境が人気の理由の1つなのでしょう。
確かに、一度に学習する人数が少なければ少ないほど
生徒の「分からない」に気が付けるのも事実です。

ということは、生徒本人に「分からないところを質問する」能力がつくと
塾だけではなく学校での授業内容も含め、より学力向上に活かせそうですよね


ここで注目したいのが、親子の会話です。
「なぜ質問できないの」
「授業中に質問するのが恥ずかしいなら、授業後や放課後でもいいのよ」
「○○先生、面談でいつでも質問してくださいって言ってたよ」
「もう、本当に引っ込み思案なんだから・・・」

このような会話が多いです。

 

ここでぜひ、合わせてお話してほしいことがあります。
生徒本人の「分からないを解決」することはもちろん、
先生の「授業改善」にもつながっているということです。

質問をされることで先生たちは、
説明の仕方を改善しようと工夫します
・次回以降の授業内容を考えるきっかけになります
・出来るようになったか気になって確認します

 

先生たちも日々、指導技術を勉強中です。
ですが、1回で全員が理解できる授業をすることは無理だと思いますし、
全員の「分からない」に気付くことも難しいと思います

なので、先生・生徒お互いの協力が必要なのです。
ぜひ、「分からない」のサインを出してほしいのです。

 

もちろん、テストの結果で気付くこともできます。
ですが、習ったその日に解決する方が
翌日以降の学力につながりますよね。

 

質問する力は、勉強だけではなく
将来の仕事にも必要な力です。

 

質問は、5分で出来ます。
チャレンジしてみませんか。

 

塾選び富山TOPはこちら

直接相談してみたい方はこちら

© 2014 jyukuerabi. All Rights Reserved. Powered by glic.